スポンサードリンク


2013年07月14日

トゥアレグ w12の故障対策

トゥアレグ w12nの故障対策

車輌持ち込みでの交換込:プロペラシャフトセンターベアリング for ポルシェカイエン&VWトゥアレグ&AUDI Q7

プロペラシャフトリペアパーツ (センターベアリング) 【適合車種】 フォルクスワーゲン トゥアレグ 2003〜2011/1yモデル:V6 V8 W12 アウディ:Q7 2007〜2012y:3.6 4.2 ポルシェ カイエン 2002〜2010/3:ベース S GTS ターボ

カイエン(PORCHE)やトゥアレグ(フォルクスワーゲン)で、発進時にフロア下からの異音([ゴトゴトッ]とか[ガガガッ]) が聞こえたら、ほぼコイツで間違いないです。 プロペラシャフトの中間に位置するセンターベアリングの劣化です。 ユニバーサルジョイントは通常通り20万km以上は持つであろうボールベアリング等で構成されていますが センターベアリングは、使用頻度(走行距離)や経年劣化により消耗する部品設計となっており必ず劣化します。 逆に、それだけ動かなければ、振動や衝撃を吸収出来ない為、設計上、こうした部品構造になっています。 つまり、エンジンマウントやミッションマウントと同様に使用頻度や経年劣化で傷んでしまう部品なのです。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)